アディダスとプラダがNFTプロジェクト

 

アディダスとプラダ、3000枚の応募写真を1つのNFT作品に。参加者は永続的収益も
https://news.yahoo.co.jp/articles/e229c92dd8cdf7fce630ef16b50a792b108e263b
大手スポーツファッションブランドのアディダス・オリジナルス(adidas Originals)が、イタリアのラグジュアリーブランドであるプラダ(PRADA)とコラボしたNFTプロジェクト「ADIDAS FOR PRADA RE-SOURCE」を1月21日発表した。

 

ザッカリー・リーバーマン(Zach Lieberman)氏監修
NFTマーケットプレイスのスーパーレア(SuperRare)でオークション販売
手数料をのぞいた金額の分配がおもしろい。

 

  • 売上金の80%が非営利団体のスロウファクトリー(Slow Factory)に寄付
  • 5%はリバーマン氏
  • 15%はプロジェクト参加者3,000名全員へ分配
  • アディダスとプラダは一切収益を受け取らない

 

プロジェクト参加者は、この作品の2次流通以降の売り上げの3%を永続的に受け取れる

 

さっそく投資という側面を打ち出してきていておもしろいですね。